くらし

水木ロード人気再燃、鳥取・境港 新装で270万人突破、感謝祭

 「水木しげるロード」で開かれた感謝祭でくす玉を割り祝う鬼太郎、ねこ娘ら=28日、鳥取県境港市

 妖怪のブロンズ像が並ぶ鳥取県境港市の観光スポット「水木しげるロード」の訪問客数が5年ぶりに年間270万人を突破し、28日、感謝祭が開かれた。昨年の204万人を大きく上回り、過去4番目の盛況ぶり。

 オープンから25年を迎え7月に改装。新設の照明演出が夜間の集客増につながった。「ゲゲゲの鬼太郎」の新作アニメの放映が4月に始まったことも追い風となった。

 式典では中村勝治市長が「リニューアル元年の盛り上がりを将来につなげていく」と誓いを新たにし、着ぐるみのねこ娘ら11体もくす玉を割って祝った。つきたて餅もふるまわれ、鬼太郎自ら前髪を振り乱してきねを振るった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス