社会

未執行の確定死刑囚110人 オウム事件含め15人執行

 確定死刑囚の人数の推移

 死刑判決が確定した後に執行されていない死刑囚が今月末時点で110人となる見通しであることが28日、法務省への取材で分かった。今年はオウム真理教を巡る一連の事件の松本智津夫元死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=ら13人を含む計15人が執行された一方、新たに2人の死刑判決が確定。病死者はおらず、昨年末時点の123人から13人減る見込みだ。減少は2年連続。

 平成に入って以降、15人の執行は、2008年に並び最多だった。

 オウム事件は上川陽子前法相が命令し、7月6日に松本元死刑囚を含む7人、同26日に6人の刑が執行された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス