経済

岐阜・豚コレラ、衛生基準に違反 技能実習生に指導徹底せず

 岐阜県で6例目の豚コレラが発生した関市の農場が、中国の技能実習生5人への指導を徹底せず、国の定めた飼養衛生管理基準を守っていなかったことが28日、分かった。恒常的に野良猫がすみ着いていたことも判明。県の担当者は週に1度のペースでこの農場を巡回していたが、指導が不十分だった疑いがある。

 農林水産省は都道府県に対し、外国人が作業をする場合に丁寧な教育や訓練を行うことを加えた上で、飼養衛生管理基準の徹底を改めて要請した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス