社会

30日にかけ大雪で交通障害も 帰省、気象庁が警戒呼び掛け

 青森市内で、雪かきをする市民=28日

 日本付近は強い冬型の気圧配置が30日にかけて続く見通しだ。帰省ラッシュの時期と重なることから気象庁は28日、最新の気象情報を入手し、北海道と東北の日本海側、北陸を中心に大雪や暴風雪による交通障害に警戒を呼び掛けた。

 上空にはこの冬一番の寒気が流れ込み、日本海側を中心に大雪になっている。東海や近畿の平地でも雪が積もる恐れがある。気圧配置があまり変わらず、同じ地域に雪が降り続けており、なだれにも注意が必要になる。

 28日は雪の影響で航空各社の北海道や東北などの空港を発着する便に欠航が相次ぎ、全日空と日航で20便以上に上った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス