中間貯蔵、福井県外立地を求める 使用済み核燃料で西川知事

 福井県の西川一誠知事は28日の記者会見で、県内の原発から出た使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設について「県は発電のために貢献し、その役割を果たす。終わったら更地にして戻してもらうのが基本的な方針だ」と述べ、改めて県外立地を求める考えを示した。

 中間貯蔵施設を巡っては、関西電力が県に約束していた計画地点の年内提示を断念。岩根茂樹社長が26日に県を訪れて西川知事に謝罪した。

 西川知事は「県と関電だけの議論ではなく、他の地域が必ず存在する非常に難しい課題だ」と理解を示し「両方の地域で信頼を得ながら解決することが基本」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス