社会

同性婚求め国を相手に一斉提訴へ 来年2月、カップル10組

 同性婚ができないのは、憲法が保障する婚姻の自由を侵害し、法の下の平等にも反するとして、同性カップル10組が来年2月中旬、国に損害賠償を求めて東京地裁や名古屋地裁など各地の裁判所に一斉提訴することが28日、代理人の弁護士への取材で分かった。

 憲法24条は「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と規定。政府は、この条文は同性婚を想定していないとの見解を示している。一方、弁護団は、同性婚を禁止した規定ではないと解釈できるとする憲法学者もいると主張している。

 政府はまた、民法や戸籍法の「夫婦」は男性と女性を意味し、同性同士の婚姻届は受理できないとしている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス