スポーツ

サッカー代表合宿、長友らが合流 アジア・カップに向け調整

 ファンの声援に応える(右から)長友、酒井宏、堂安=千葉県内

 サッカー日本代表は28日、千葉県内でアジア・カップ(来年1月5日~2月1日・アラブ首長国連邦)に向けた合宿3日目の練習を行った。長友(ガラタサライ)や酒井宏(マルセイユ)原口(ハノーバー)堂安(フローニンゲン)が合流して1時間半、シュートやクロス練習、ミニゲームで互いの動きを確認した。右臀部を痛めている大迫(ブレーメン)は宿舎で調整した。

 2大会ぶりの優勝を目指す日本は1次リーグF組に入り、1月9日にトルクメニスタンとの初戦を迎える。


(共同通信)