国際

米長官、移民の子死亡で緊急視察 国境地帯、野党反発強める

 米国で拘束後に死亡したグアテマラ人の8歳男児=12日、グアテマラ(Catarina Gomez氏提供、AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】ニールセン米国土安全保障長官は28日、不法移民の児童2人が拘束後に相次いで死亡したことを受け、国境地帯の南部テキサス州エルパソを訪問、取り締まりを担当する税関・国境警備局の施設などを緊急視察した。米メディアが報じた。

 米国ではトランプ大統領が固執する国境の壁建設費を巡る議会対立で政府機関の一部閉鎖が継続中。児童2人の死亡に関し野党民主党は重鎮のファインスタイン上院議員が公聴会開催を求めるなど反発を強めており、緊急視察には再発防止に力を入れる政権の姿勢をアピールする狙いがある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス