スポーツ

J1鹿島の昌子、トゥールーズへ W杯日本代表DF

 昌子源

 J1鹿島は29日、DF昌子源(26)がフランス1部リーグ、トゥールーズに移籍することで両クラブが合意したと発表した。年明けに出発し、身体検査などを経て3年半の正式契約を結ぶ見通し。茨城県鹿嶋市のクラブハウスで取材に応じた昌子は「自信と強い気持ちを持っていく。鹿島で習ったことを全てぶつけたい」と抱負を語った。

 兵庫県出身で、鳥取・米子北高から11年に鹿島入り。スピードやボール奪取力を武器とする守備の要として頭角を現し、16年のJ1年間優勝や今年のアジア・チャンピオンズリーグ制覇の原動力となった。今年のW杯ロシア大会では日本の主力として16強入りに貢献した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス