国際

警官射殺容疑で不法移民の男逮捕 トランプ氏「壁造れ」

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州ニューマンで28日までに、酒気帯び運転を取り締まっていた男性警官(33)が撃ち殺される事件が起きた。警察によると、容疑者はメキシコ出身の不法移民の男(32)で、現場から逃走。警察は同日、約300キロ離れたベーカーズフィールドで逮捕した。

 事件は26日に発生。トランプ大統領は27日、ツイッターに「カリフォルニアで警官射殺容疑の不法移民を大追跡している。国境警備を厳しくする時だ。壁を造れ!」と投稿。保守系FOXニュースも大きく報じた。

 容疑者は犯罪集団との関わりが指摘されており、メキシコに逃走しようとしていたという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス