国際

ミンダナオ島沖でM7・0の地震 フィリピン南部

 【マニラ共同】米地質調査所(USGS)によると、フィリピン南部ミンダナオ島沖で29日午前11時39分(日本時間午後0時39分)ごろ、マグニチュード(M)7・0の地震があった。

 米ハワイの太平洋津波警報センターはフィリピンとインドネシア、パラオで最大30センチ程度の津波の恐れがあるとして一時、注意を促した。日本の気象庁によると、日本の沿岸で津波被害の心配はなく、若干の海面変動が起きる可能性がある。

 フィリピン災害対策当局によると、負傷者や建物損壊などの情報は入っていない。

 震源はミンダナオ島ダバオの南東約181キロ。震源の深さは約60キロ。


(共同通信)