国際

ホワイトハウス前で直訴集会へ 来年1月、辺野古停止求め

 ロバート梶原さん

 【ロサンゼルス共同】米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設問題で名護市辺野古沿岸部の埋め立て作業の一時停止をトランプ米大統領に求める請願活動を始めた日系4世のアーティスト、ロバート梶原さん(32)=ハワイ在住=は28日、ホワイトハウス前で来年1月7日にトランプ氏への直訴集会を開くと明らかにした。

 共同通信の取材に「トランプ氏には辺野古問題を真摯に受け止めてほしい」と話した。

 梶原さんは12月8日、ホワイトハウスの電子署名による請願サイトで、辺野古移設の賛否を問う来年2月の県民投票まで埋め立て工事の一時停止を要請した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 各種サービス





  • ご案内