スポーツ

サッカー、日テレと神戸が決勝へ 皇后杯

 日テレ―浦和 前半、先制ゴールを決め喜ぶ日テレ・田中美(9)=パナスタ

 サッカーの皇后杯全日本女子選手権は29日、大阪・パナソニックスタジアム吹田でなでしこリーグ勢による準決勝が行われ、日テレとINAC神戸が勝ち、来年1月1日の決勝に進んだ。

 大会2連覇を狙う日テレは田中美が前半に挙げた得点を守り切り、1―0で浦和を下した。2大会ぶりの優勝を目指すINAC神戸は0―0で迎えた延長後半に京川のゴールで均衡を破り、1―0で千葉に競り勝った。


(共同通信)