国際

カンボジア、国家再建の塔完成 旧ポル・ポト政権打倒を記念し

 カンボジアの首都プノンペン郊外に完成した塔=29日(共同)

 【プノンペン共同】1970年代の旧ポル・ポト政権による圧政で200万人近くが死亡したとされるカンボジアで、旧政権打倒とその後の国家再建を記念する高さ50メートル超の塔が首都プノンペン郊外に完成し、29日に式典が開かれた。

 20年前の12月に、政権が79年に崩壊した後もゲリラ戦を続けていたポル・ポト派の主要幹部が投降したのにちなんで建てられた。ポル・ポト政権打倒に動いた勢力の中核で活動し、在任30年を過ぎたフン・セン首相の権威を高める狙いが濃厚だ。フン・セン氏は「塔は国民和解と発展、繁栄の象徴だ」と演説した。


(共同通信)