政治

沖縄地域政党、参院に新人擁立へ 現職糸数氏も意欲、調整難航か

 琉球大法科大学院の高良鉄美教授

 沖縄県の地域政党「沖縄社会大衆党」の選考委員会は29日、来年夏の参院選沖縄選挙区(改選数1)の候補者選考委員会を開き、琉球大法科大学院の高良鉄美教授(64)の擁立を決めた。同党からは現職糸数慶子氏(71)も4選に向け意欲を示しており、調整が難航することも予想される。

 高良氏は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や団体で構成される「オール沖縄会議」の共同代表も務める。選考委は同日、擁立方針を伝え、高良氏も前向きな考えを示したという。

 党は糸数氏側に世代交代を求めていた。後援会で年明けに対応を検討する。


(共同通信)