スポーツ

ソフトバンク退団の摂津が引退へ 2012年沢村賞投手

 摂津正投手

 ソフトバンクを自由契約になった摂津正投手(36)が今季限りで現役を引退することが30日、関係者の話で分かった。2012年に沢村賞を獲得したが、今季は2年ぶりの白星を挙げるも2勝止まりで構想外となり、他球団からのオファーがなく決断した。

 秋田経法大付高(現明桜高)からJR東日本東北を経て09年にドラフト5位でソフトバンクに入団。1年目に最優秀中継ぎ投手と新人王に輝き、先発に転向した11年から5年連続で2桁勝利をマークした。12年は17勝5敗で最多勝と最優秀投手(勝率1位)も受賞した。通算282試合で79勝49敗1セーブ、防御率2・98。


(共同通信)