経済

九電、来月2日も出力制御検討 再生可能エネルギー事業者に

 九州電力は30日、太陽光発電や風力発電の再生可能エネルギー事業者に、一時的な発電停止を求める出力制御を来年1月2日に指示する可能性があると明らかにした。来年元日の実施を検討していることを既に公表しており、年明けに2日連続で行う可能性が出てきた。

 1月2日に実際に出力制御をするかどうかや、実施する場合の制御量は、天候や需給状況を精査して元日夕に決める。九電は今年10月に全国で初めて本格的な出力制御をしており、これまでに計8回実施している。

 九電で出力制御が相次いでいる背景には、管内で原発4基が再稼働し、電力供給力が底上げされている事情もある。


(共同通信)