国際

バングラデシュ議会選、与党圧勝 野党が結果拒否、政情悪化の懸念

 ダッカで投票後、記者団に話すバングラデシュのハシナ首相=30日(AP=共同)

 【ダッカ共同】30日投開票のバングラデシュ議会(一院制、350議席)選は31日、連続3期目を目指したハシナ首相が率いる与党アワミ連盟(AL)が圧勝した。選挙管理委員会が開票結果を発表した。バングラデシュ民族主義党(BNP)を中心にした野党連合は不正を指摘し結果受け入れを拒否、再選挙を求めた。今後の政情悪化が懸念される。

 ALは外資参入を促すなどして2016年以降7%台の成長率となった経済発展の実績を訴えていた。ハシナ氏が通算4度目となる首相に就任して引き続き経済政策を率いる見通し。

 選挙は比例配分の女性枠50議席を除く小選挙区300議席が争われた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス