国際

米、国境コンクリート壁早期断念 「鋼鉄バリアー」に転換

 ケリー米大統領首席補佐官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】ケリー米大統領首席補佐官は、トランプ大統領が最重要公約に掲げたメキシコ国境の壁建設について「コンクリートの壁は政権の早い段階でやめた。率直に言えば、壁ではない」とロサンゼルス・タイムズ紙に述べた。同紙が28日のインタビューを30日報じた。

 トランプ氏は最近、「私たちが造るのはコンクリートの壁ではない。鋼鉄のバリアーだ」とツイッターに投稿。2016年大統領選中は不法移民対策のため「コンクリートの壁を造る」と述べていたが、方針転換したことを明確にし、先端がとがった板が等間隔に並ぶ柵のようなデザインを発表した。


(共同通信)