芸能・文化

鹿児島のトシドン、子の成長願う 年神の化身、下甑島の伝統行事

 鹿児島県薩摩川内市の下甑島で、集落の家を訪れた年神の化身「トシドン」=31日夜

 鹿児島県薩摩川内市の下甑島で31日夜、年神の化身「トシドン」が集落の家々を訪れ、子どもの健全な成長と幸福を願う伝統行事が執り行われた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「来訪神 仮面・仮装の神々」の行事の一つ。

 トシドンは恐ろしい仮面を着け、大みそかの夜に子どもたちの元を訪問する。1年間の素行や行儀について悪いことを叱って戒め、良いところは褒めて回る。

 赤や青の仮面と、みのを身に着けたトシドンたちは午後7時すぎから子どもたちの家々を訪問した。


(共同通信)