スポーツ

大阪桐蔭が8強、高校ラグビー 準々決勝はすべてシード校

 大阪桐蔭―玉島 後半、トライを決める大阪桐蔭・杉本=花園

 ラグビーの全国高校大会第4日は1日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合が行われ、前回大会準優勝でAシードの大阪桐蔭(大阪第1)が玉島(岡山)に90―0で大勝して、準々決勝に進出した。桐蔭学園(神奈川)と東福岡のAシード勢も8強入り。

 流通経大柏(千葉)常翔学園(大阪第3)報徳学園(兵庫)天理(奈良)、長崎北陽台のBシード勢もベスト8に進んだ。8強はすべてシード校となった。

 抽選の結果、3日の準々決勝は、長崎北陽台―東福岡、大阪桐蔭―報徳学園、天理―桐蔭学園、流通経大柏―常翔学園の組み合わせに決まった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス