国際

台湾の蔡総統、元日に中国を批判 自由な体制利用し政治介入と

 台湾総統府で新年談話を発表する蔡英文総統=1日、台北市内(中央通信社=共同)

 【台北共同】台湾の民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は1日、新年の談話を発表し、中国は台湾の開放的で自由な民主的体制を利用して政治と社会に介入しており、台湾にとって最大の試練だと中国を批判した。

 中台関係発展の基礎として、中国に対し(1)中華民国(台湾)が存在する現実を直視(2)2300万人の台湾人民の自由と民主主義を尊重(3)平和で対等な方式で中台間の見解の対立に対処(4)政府や公的機構を通じて対話―の四つの条件を求め、中国による一方的な介入に強い反発を示した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス