国際

インドネシア土砂崩れ15人死亡 行方不明20人、豪雨で発生

 土砂崩れが発生したインドネシア・西ジャワ州スカブミ県の村での救助活動=1日(国家災害対策庁提供・共同)

 【ジャカルタ共同】インドネシア・ジャワ島西ジャワ州スカブミ県の村で昨年12月31日、豪雨により大規模な土砂崩れが発生し、国家災害対策庁は2日、死者が15人、行方不明者が20人に上ったと明らかにした。

 当局は2日も救助活動を続けているが、現場までは道が悪い上、頻繁に降る雨などでさらなる土砂崩れが起きており、活動は難航している。

 国家災害対策庁によると、村では約30戸に住んでいた計100人以上が被害に遭った。

 インドネシアでは災害が非常に多く、国家災害対策庁の集計によると、昨年1年間で計2564件の災害があり、計3349人が死亡した。


(共同通信)