政治

公明代表「亥年選挙」必勝期す 街頭演説で意気込み

 公明党の山口那津男代表は2日、新春恒例の街頭演説を東京・JR新宿駅前で行い、春の統一地方選と夏の参院選に必勝を期す意気込みを強調した。両選挙が重なる12年に1度の「亥年選挙」に当たるとして「本年は選挙が相次ぐ亥年だ。私も参院選に立候補する。統一地方選で新たな基盤をつくり上げて期待に応える」と述べた。

 今年で20年となる自民党との連立にも触れ「国民の信頼を損なうことがあれば、正さなければならない。公明党の役割を自らに言い聞かせながら、政治に取り組んでいく」として、連立内で発言を強める姿勢を示した。


(共同通信)