くらし

冒険家の三浦雄一郎さん出発 86歳、南米最高峰に挑戦

 出発を前に校長を務めるクラーク記念国際高校の生徒の前であいさつする冒険家の三浦雄一郎さん=2日、羽田空港

 世界最高峰のエベレストに史上最高齢の80歳で登頂した冒険家の三浦雄一郎さん(86)が2日、アルゼンチンとチリ国境にある南米大陸最高峰のアコンカグア(6959メートル)への登頂のため、羽田空港を出発した。三浦さんは「緊張や不安はなく、のんびりやる。80歳を超えても挑戦できるということで頑張っていきたい」と抱負を語った。

 出発式では、三浦さんが校長を務める通信制のクラーク記念国際高校の生徒から寄せ書きした旗が手渡された。横浜青葉キャンパスの3年生藤沼侑多さん(18)が「夢がかなうように日本から全力で応援しています」とエールを送った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス