スポーツ

帝京長岡、史上最長PK戦制す 旭川実と計38回

 大会史上最長となった、帝京長岡―旭川実のPK戦結果を表示するスコアボード=NACK5

 高校サッカー2回戦で2日、帝京長岡は延々と続くPK戦を制して旭川実との激闘を終えた。大会本部によると、両チーム計38回蹴ったPK戦は大会史上最長。古沢監督は「選手権で初めてPK戦で勝ち、上へ進めたのは感慨深い」と喜んだ。

 見応えのある一進一退の攻防で一時は逆転したものの、2―2に追い付かれて迎えたPK戦。最後はGK猪越が相手19人目のキックを右に跳んで止め、決着をつけた。次戦へ向け、33歳の古沢監督は「8強入りを意地でも成し遂げたい」と意気盛んだった。(NACK5)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内