国際

北朝鮮外交官、伊で亡命希望か 妻と同行、韓国報道

 【ソウル共同】韓国の情報機関、国家情報院は3日、北朝鮮の駐イタリア大使代理のチョ・ソンギル氏が昨年11月初めに公館を離れ、妻と身を隠していると明らかにした。国情院から報告を受けた国会議員が記者団に述べた。複数の韓国メディアはこれに先立ち3日、外交筋の話としてチョ氏が第三国への亡命を希望し、家族と共にイタリア政府に保護されていると報じた。

 国会議員の説明や報道によると、チョ氏は40代で、2015年に赴任し、18年11月末の任期満了を前に公館を離れた。亡命を要請しているかどうかや、妻以外の家族が同行しているかについて国情院は「答えられない」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス