くらし

「出国税」7日から徴収へ 1人千円、訪日促進に活用

 国際観光旅客税の使途

 日本からの出国者に1人千円を課す国際観光旅客税(出国税)の徴収が7日に始まる。政府は2019年度に500億円の税収を見込み、訪日外国人客をさらに増やすための施策に充てる。日本人には納税効果が実感しにくい面もあり、有効に活用されるか注視が必要だ。

 新税は2歳未満の子や乗り継ぎ客を除き、国籍を問わず飛行機や船の運賃に上乗せされる。

 7日以降に購入し、発券されたチケットが対象だが、旅行会社のツアーなどでは予約日と実際の発券日がずれることが多いため、各社が個々に説明している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス