スポーツ

テニス、大坂と錦織が4強入り ブリスベン国際

 女子シングルス準々決勝でアナスタシヤ・セバストワと対戦する大坂なおみ=ブリスベン(共同)

 【ブリスベン(オーストラリア)共同】テニスのブリスベン国際は3日、オーストラリアのブリスベンで行われ、女子シングルス準々決勝で第2シードの大坂なおみ(日清食品)は第8シードのアナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に3―6、6―0、6―4で逆転勝ちし、準決勝に進んだ。

 男子シングルス準々決勝で第2シードの錦織圭(日清食品)は第6シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を7―5、7―5で下し、4強入りを果たした。予選勝ち上がりの内山靖崇(北日本物産)はジェレミー・シャルディー(フランス)に4―6、6―3、6―7で敗れた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内