政治

政府、地震の被害把握に全力 首相「的確な情報提供を」

 熊本県で震度6弱を観測した地震を受け、記者会見する菅官房長官=3日夜、首相官邸

 政府は3日、熊本県で震度6弱を観測した地震を受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、被災自治体と連携して被害状況の把握に全力を挙げた。安倍晋三首相は各府省庁に(1)早急な被害状況の把握(2)被災者の救命救助(3)国民への適時的確な情報提供―を指示した。

 関係省庁の局長級による緊急参集チームを招集した。菅義偉官房長官も午後6時半すぎに官邸に入った。その後、菅氏は緊急記者会見で「被災自治体と緊密に連携を図りながら、救命救助活動を最優先に災害応急対策に全力で取り組む」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内