経済

NY株反落、660ドル安 世界経済の減速懸念で

 ニューヨーク証券取引所のトレーダー=3日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、IT大手アップルが2日夕に業績予想を下方修正したことを受けて世界経済の減速懸念が広がり、前日比660・02ドル安の2万2686・22ドルと大幅に反落して取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は202・44ポイント安の6463・50。

 アップルは中国でのスマートフォンの販売不振を理由に2018年10~12月期の売上高予想を引き下げた。市場では世界経済の減速だけでなく、米中貿易摩擦に対する警戒感も広がった。


(共同通信)