経済

新元号最初の年、列島本格始動 仕事始めに飛躍を祈願

 仕事始めの参拝客でにぎわう神田明神で大きな熊手を手にする男性ら=4日午前、東京都千代田区

 官庁や企業の多くが4日、仕事始めを迎え、平成最後で、新しい元号の最初の年が本格始動した。天皇陛下の退位と新天皇の即位、統一地方選や参院選といった大きな出来事を控える。各地でそれぞれ飛躍を願い、決意を新たにした。

 商売繁盛を祈願する参拝客でにぎわう神田明神(東京都千代田区)。大きな熊手を手にした社会保険労務士の島路子さん(50)は「働き方改革の影響で中小企業の顧客からの相談が増えている」と話していた。

 オフィスの設計デザイン会社を経営する渡辺晃一郎さん(53)は社員と参拝。「社員の健康と売り上げ目標の達成を祈った」と意気込んだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス