社会

公園のブロンズ彫刻に傷、山梨 県立美術館、コインか

 傷が付けられた「リトル・バード」の顔や胴体部分=4日、甲府市

 甲府市の山梨県立美術館は4日、立地する「芸術の森公園」に設置していたコロンビア人芸術家フェルナンド・ボテロ氏のブロンズ彫刻「リトル・バード」にコインのようなもので付けられた傷が見つかったと発表した。同日中に器物損壊容疑での被害届を県警に提出する方針。

 同美術館によると、リトル・バードは1990年に6600万円で購入し、同時期から公園に設置していた作品。傷は顔や胴体部分に引っかかれたような形状で複数つけられ、長さ30センチに及ぶものもあった。3日午前9時ごろに清掃員が異変に気付き、4日になって美術館へ伝えたという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス