経済

ゆうちょ銀、提携カード扱い停止 ATM障害で

 ゆうちょ銀行は4日、自行の現金自動預払機(ATM)で午後6時から提携金融機関のキャッシュカードの取り扱いを一時停止した。4日午前7時ごろから一部提携金融機関のカード利用でATMに障害があったため。原因は調査中で問題が解消され次第、サービスを再開する予定だ。

 発表によると、ファミリーマートなどに設置しているゆうちょ銀のATMで暗証番号の入力などを間違えた際、一部の提携金融機関のカードが取り込まれてしまう不具合が起きた。カードが取り込まれた場合は、ATMに備え付けられた電話で連絡すると、遠隔操作で返却されるという。

 ゆうちょ銀のカードは通常通り利用できる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス