経済

M&A総額19年ぶりに過去最高 武田けん引、30兆円迫る

 日本企業が関連する2018年の企業の合併・買収(M&A)の総額は前年比約2・2倍の29兆8802億円となり、1999年以来19年ぶりに過去最高を更新したことが4日、調査会社レコフ(東京)の集計で分かった。武田薬品工業やソフトバンクグループ関連の大型案件がけん引した。

 人口減少で国内市場が頭打ちとなる中、豊富な資金力を背景に海外展開を強化する動きが目立った。これまでの最高は、国内で銀行などの金融再編が相次いだ99年の18兆1041億円だった。

 2018年は件数ベースでも26・2%増の3850件と過去最多だった。


(共同通信)