社会

沖縄県民投票不参加、再び表明 宮古島市長

 沖縄県宮古島市の下地敏彦市長は4日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設への賛否を問う県民投票に参加しない方針を、改めて示した。

 県民投票に関する部分を削除した補正予算案を市議会が可決したことを受け、下地氏は不参加を昨年12月に表明。その後、県から協力要請があったが、回答を延期していた。投開票は2月24日の予定。

 下地氏は「住民から選ばれた議員の判断は、大変重いものがある。議決を尊重し、県民投票事務を執行しない苦渋の決断に至った」としている。

 玉城デニー知事は那覇市で「ぎりぎりまで(説得の)努力をしたい」と述べ、週明けに県幹部と対応を協議する考えを示した。


(共同通信)