国際

習近平主席、軍事闘争準備を指示 米国との対立を念頭に危機感

 北京で開かれた中央軍事委員会の軍事工作会議で演説する中国の習近平国家主席=4日(新華社=共同)

 【北京共同】中国の習近平国家主席は4日、中央軍事委員会の軍事工作会議で演説し、米国との軍事や貿易面での対立を念頭に「予測困難なリスクが増えている」との危機感を示すとともに「軍事闘争の準備をしっかりと行い、強軍事業の新局面を切り開く」よう指示した。国営中央テレビが伝えた。

 習氏は、世界情勢が転換点を迎えているとし、全軍が危機意識を高めなければならないと強調。偶発的な衝突など有事に備えるよう訴えた。

 4日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、南シナ海や台湾海峡で米軍の行動が活発化すると予想、中国軍による台湾封鎖などの計画を策定すべきだと主張した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス