政治

安倍首相「新たな国造りへ挑戦」 地元・山口で表明

 後援会の会合であいさつする安倍首相=5日午前、山口県下関市

 安倍晋三首相は5日午前、地元の山口県下関市で開いた自身の後援会会合で、今年の天皇陛下の代替わりを踏まえ「平成最後の年であり、新しい時代の幕開けとなる年だ。憲法改正を含め、新たな国造りに挑戦していく1年にしたい」と表明した。

 北方領土問題を含むロシアとの平和条約締結交渉について「ここからが正念場だ。私とプーチン大統領の手で必ず終止符を打つとの決意で交渉に臨む」と意欲を示した。

 北朝鮮による日本人拉致問題に関し「戦後日本外交の総決算に挑んでいく」と強調。消費税率10%への引き上げを巡っては「景気が腰折れしないように十二分な対策を打っていく」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス