政治

首相、全世代型社会保障に意欲 山口市の会合で

 山口市で開かれた医療関係団体の会合であいさつする安倍首相=5日午後

 安倍晋三首相は5日、山口市で開かれた医療関係団体の会合に出席し、幼児教育・保育の無償化をはじめとする「全世代型社会保障」の実現に意欲を示した。「現役世代からお年寄りまで、全世代型の社会保障制度へと変えていく年にしたい」と述べた。

 医療体制の充実にも触れ「人生100年時代を迎え、どこでも高い質の医療を受けられる制度は安倍政権でも強化していく」と語った。

 これに先立つ下関市での自身の後援会会合では、9日からオランダと英国を訪問すると表明。その後、ロシアに加え、スイスで22日から開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にも出席すると明らかにした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内