国際

ウクライナ正教会が独立 ロシア影響下から離脱

 5日、ウクライナ正教会の独立を認める文書に署名するコンスタンチノープル総主教バルソロメオス1世=トルコ・イスタンブール(AP=共同)

 【モスクワ共同】キリスト教東方正教会の最高権威とされるコンスタンチノープル総主教庁(トルコ・イスタンブール)の総主教バルソロメオス1世は5日、ロシア正教会の管轄下にあったウクライナ正教会を独立させることを最終的に決定、文書に署名した。タス通信などが伝えた。

 これで昨春から続いていたウクライナ正教会のロシアからの「分離独立」問題は決着。14年のロシアによるウクライナ南部クリミア半島の編入以降、悪化した両国の関係は教会の分断にまで至った。ウクライナ国内では、ロシア正教会の教会や修道院などをウクライナ正教会が接収する動きが出ており、信徒らの対立が懸念される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内