国際

米国、壁建設費巡る対立続く 連邦政府閉鎖で協議

 ホワイトハウスに向かう(左から)クシュナー米大統領上級顧問、ニールセン国土安全保障長官、ペンス副大統領ら=5日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスと民主党指導部は5日、メキシコ国境の壁建設費を巡る対立で昨年12月下旬から連邦政府機関の一部が閉鎖している問題の解決に向け協議した。大きな進展はなく、6日午後(日本時間7日午前)に再び協議する予定。政府閉鎖は5日で15日目を迎えたが、事態打開の見通しは立っていない。

 トランプ大統領は5日、ツイッターで「壁が必要だ! 合意できればすぐに政府閉鎖をやめたい」と訴えた。

 協議にはペンス副大統領やクシュナー大統領上級顧問、ニールセン国土安全保障長官、マルバニー大統領首席補佐官代行らが出席し、民主党指導部スタッフらと話し合った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス