政治

立民、元国連女性職員を擁立 夏の参院選愛知に

 夏の参院選愛知選挙区で立憲民主党候補に決まり、記者会見する田島麻衣子氏=6日午後、名古屋市

 立憲民主党は6日、夏の参院選愛知選挙区(改選数4)に元国連職員の新人田島麻衣子氏(42)を擁立すると発表した。田島氏は名古屋市で記者会見し「子どもの貧困問題や、仕事と家庭の両立に向けた環境整備に取り組みたい」と述べた。

 東京都出身で、大手会計事務所勤務後に英オックスフォード大院を修了。2006年に国連世界食糧計画職員になり、今月初めに退職した。

 愛知選挙区では他に、自民党の酒井庸行氏(66)と国民民主党の大塚耕平氏(59)の現職2人、公明党の安江伸夫氏(31)と共産党の須山初美氏(40)、諸派の古川均氏(64)の新人3人の計5人が立候補を表明している。


(共同通信)