国際

ゴーン前会長の長男、無実確信と 「反論する用意」仏紙に語る

 【パリ共同】日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者=特別背任の疑いで再逮捕=の長男アンソニーさんはフランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュに対し、父親の無実を確信していると訴え、8日に東京地裁で行われる勾留理由開示手続きで「(父は容疑に)力強く反論する用意ができている」と語った。6日付の同紙がインタビューを報じた。

 ゴーン容疑者の状況については「体調は良い。(無実の訴えを)やめることはない」と説明。地裁の手続きは容疑者が初めて自身の考えを表明できる機会だとして「とても重要だ。父の説明を聞いて皆驚くだろう」と述べた。

 同紙によると、アンソニーさんは24歳。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス