国際

香港、若者の半数が移住希望 政治対立に嫌気、世論調査で

 【香港共同】香港中文大の香港アジア太平洋研究所は7日までに、香港の18~30歳の若者のうち51%が海外移住を考えているとの世論調査の結果を発表した。2017年の前回調査から5・5ポイント増加した。全体では34%が移住を望んでおり、親中国派と民主派などの政治対立で香港社会の分裂が深刻化していることなどを理由に挙げた。

 14年の大規模民主化デモ「雨傘運動」以降、香港への圧力を強める中国に対する反発や政治への無力感が広がったことも背景にあるとみられる。地元紙は「大学を卒業しても立身出世が難しいなど、社会的流動性が低いことも要因の一つ」(専門家)と分析した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス