経済

東証2万円回復、上値重く 円安一服や米中対立を懸念

 東京証券取引所

 週明け7日の東京株式市場は、前週末の米国株高を好感して幅広い銘柄が買われ、日経平均株価(225種)は節目の2万円台を回復した。終値は前週末比477円01銭高の2万0038円97銭と、昨年12月27日以来の水準。午後は円安ドル高傾向に一服感が出たことや、米中対立への懸念で上値は重かった。

 株高の流れは上海などアジアの市場にも広がったものの、東京市場では様子見ムードも漂った。東証株価指数(TOPIX)は41・37ポイント高の1512・53。出来高は約14億2400万株。

 米国株高で買い注文が膨らみ、朝方から全面高の展開となり、上げ幅は一時700円を超えた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス