経済

国内新車販売台数0・7%増 527万台、軽自動車が好調

 国内新車販売台数の推移

 2018年の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年比0・7%増の527万2067台と2年連続で増加した。軽以外の自動車(登録車)は小型車が不振で減少したが、軽の新型車効果が大きく、市場全体をけん引した。日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会が7日発表した。

 登録車の販売台数は1・3%減の334万7943台。普通車は伸びた一方で小型車の落ち込みが大きく、3年ぶりに前年を下回った。トヨタ自動車は5・5%減少したが高級車ブランドのレクサスは20・8%増と好調だった。

 SUBARU(スバル)は17・2%減。日産自動車は、4・3%増だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス