くらし

舞妓さんら仕事始め 京都の花街で「始業式」

 京都の花街の仕事始めに当たる「始業式」で、新年のあいさつを交わす舞妓ら=7日

 京都の花街・祇園甲部などで7日、仕事始めに当たる「始業式」があった。黒紋付きで正装した芸妓や舞妓が続々と集まり、「おめでとうさんどす」「おたのもうします」と新年のあいさつを交わした。

 京都市東山区のギオンコーナーでの始業式には、約120人が出席。芸舞妓らの表彰の後、京舞井上流五世家元で人間国宝の井上八千代さんが恒例の地唄「倭文」を披露した。

 新成人の舞妓豆純さん(20)は「芸に励んで、立派になれるようきばります」と話した。

 宮川町歌舞練場(東山区)でも芸舞妓ら100人以上が集まり、始業式があった。


(共同通信)