国際

フン・セン氏、「業績」を誇示 ポト派政権崩壊から40年

 カンボジア・プノンペンで開かれた記念行事で、群衆に手を振るフン・セン首相=7日(共同)

 【プノンペン共同】カンボジアは7日、1970年代に虐殺などで200万人近くを死亡させたとされる旧ポル・ポト政権の崩壊から40年の節目を迎えた。フン・セン首相は首都プノンペンで数万人を動員した記念行事を開催し、旧政権を倒しカンボジアを経済成長に導いたとする自分らの「業績」を誇示、現体制の求心力強化と権威付けを図った。

 75年にプノンペンを陥落させ実権を握ったポル・ポト派は既存の社会制度を否定する極端な政策を展開。フン・セン氏率いる現与党、カンボジア人民党は79年1月7日にベトナム軍の支援を受けポル・ポト政権を倒した勢力の流れをくむ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス