経済

東京円、108円台前半

 週明け7日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比34銭円安ドル高の1ドル=108円18~20銭。ユーロは70銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円72~76銭。

 朝方は好調な米雇用統計を背景に投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、比較的安全な通貨とされる円売りが先行。その後は、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が今後の利上げに柔軟な姿勢をみせたことなどが意識され、円を買い戻す動きがみられた。

 市場では「年始にドルが暴落したこともあり、投資家が取引に慎重になっている印象だ」との声が聞かれた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス