芸能・文化

豊漁と金運願い、マグロ奉納 西宮神社、250キロ大物

 西宮神社に奉納されたマグロにさい銭を張り付ける参拝者=8日午前、兵庫県西宮市

 商売繁盛の神様「えべっさん」総本社として知られる兵庫県西宮市の西宮神社に8日、地元の水産関係者が豊漁を祈願して約250キロの大マグロを奉納した。マグロの頭や背中にさい銭を張り付けると「お金が身に付く」とされ、多くの参拝者が5円玉や100円玉を手に列をつくった。

 奉納されたマグロは体長約2・5メートルで、鹿児島・枕崎港で水揚げ。大漁旗に包まれ、法被姿の男たちの手で神社に運ばれた。神職からおはらいを受けて拝殿に供えられた。

 マグロの奉納は、近くに卸売市場が開設されたのを機に、1970年ごろから始まった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス